« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月27日 (土)

フォトログらしく

「フォトログ」というブログなのに、写真が少ない…。と言うことで、今回は写真を多め、文字を少なめに。

携帯とプー [EOS 10D, EF28-135 F3.5-5.6 IS USM, ISO400]
IMG_4137

aozora [EOS 10D, EF28-135 F3.5-5.6 IS USM, ISO100]
IMG_4095
台風が岐阜をかすめてから、青空が続いています。こういった日にセントレアに出かけたいのですが、そんな時に限って予定が…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月15日 (月)

日帰り応援

甲子園日帰り応援も既に数日前の話になってしまいました。
当日は朝5時頃に地元を出発、試合はその日の二試合目なので午前11時開始予定。6時間あれば岐阜から甲子園まで余裕だろうと思いきや、高速はいたるところでノロノロと渋滞につかまる…。乗っているだけの自分たちはまだいいけれど、運転してる運転手は相当イライラしたことだろう。
後の情報では、岐阜から応援のためにバスが130台前後出ていたそうな。バス一台を12mとし、車間を3mとって、130台がずらっと並んだ場合、1947m≒2.0km。長いっすね(笑)。この日の高速の渋滞は応援バスが原因だったのかも…。

人生一度は甲子園、と言うことで期待して甲子園に到着!「おぉ、これがあの有名な外壁の蔦(つた)かぁ。」「意外とちっちゃい。」「やっぱり汚い。」と感じ方はそれぞれ。(とは言え、これは全部同一人物の感想ですが。)席は一塁側アルプス、ではなく、一塁側の内野自由席。バックネット裏近くから、アルプスまでの間のどの席でもよいというチケットでした。どこが見やすいのか分からず、とりあえずアルプスに近い席に陣取る。この日、EOS 10Dは実家にお留守番、変わりに姉のIXY 30aをカバンに。ちっちゃいカメラは持ち歩きが楽でいい(笑)。ただ、広角・望遠ともに弱いので、二つの写真を組み合わせ、パノラマにしてみました。

試合は、2-4で敗。エラー・四球・パスボール・盗塁が多けりゃ、そりゃ負けますわ…。

koushien

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月11日 (木)

Liveと甲子園

今日はaikoのLiveで名古屋のレインボーホールまで遠出してきます。
そして、明日は両親の母校である岐阜県代表「土岐商」の応援のために甲子園へ出陣です。行けるときに一度は高校野球を見ておきたくて、自分の母校ではありませんが、応援に行ってきます。身近な高校が甲子園に行く機会なんて滅多になさそうですし。

写真は、名鉄黒田駅にて撮影した、名鉄の新しい車両です。(形式など詳しいことはよく知りません…。)恐らく、右上に書いてある数字が形式と関係あるのでしょうが。
パンタがギリギリ入っているところが「久しぶりの撮影」という証でしょうか?思ったような結果が得られなかったので、この夏にリベンジをしなくてはいけなくなってしまいました。

IMG_3957

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 3日 (水)

修復完了

NASAによるディスカバリーからの生中継映像がネットで配信されています。耐熱タイルの隙間から余分なものが出ちゃった、と言うことが話題になっていますが、先ほど無事に取り除いたようです。地上ではカッターを使って切り取るという案も考えられていたようですが、映像を見る限り、ロビンソン宇宙飛行士が引っ張るといとも簡単に抜けてしまいました…。
それにしても地球はきれいですね。思わず配信される画像に釘付けになってしまいます。

追加です。今、SSがどこにいるかという情報がこちら
何時、自分の近くで目撃できるかという情報がこちら

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年8月 2日 (火)

二年前の夏

写真を撮るのが好きだった。あのシャッターの音や、普段とはどこか違った見え方をするファインダーの中の世界、現像され手元に届くまでのワクワクした気持ち、それら全てが次の一枚を撮る原動力だった。
デジタルになってその一部が無くなったけれど、それでももっと自分で納得出来る写真を撮りたいという気持ちは強くなった。一方では、大切な人との時間を写真として残そうという気持ちも芽生えた。

でも一人になると、写真と自分だけが残される。捨ててしまえば楽だろうけど、どうしても捨てることは出来ない。
君と過ごした大切な時間。写真を撮る原動力をくれた君。そして、空っぽの今の自分。

IMG_1896

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »