« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月20日 (火)

さるぼぼ来る

オレンジ色のさるぼぼが届いた。
やっぱりちょっと大きい…。鞄や携帯につけるのはさすがに厳しい。

ちなみに貫通石の入っているお守り袋は、赤と青の2種類。
けど、実家にあった4つのさるぼぼは全て青。
※ちなみにちなみに、お守り袋の中を見ることは出来ません。

ご購入を希望される方はこちらから。
残りの個数も少なくなってきております。

Img_1579_1

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年3月13日 (火)

本番で発揮してこその実力

胴体着陸をしたANAのボンバルディア「DHC8-Q400」。
どこかで聞いたことのある機材だった。
そう、昨年の7月に新潟での学会に参加するために乗った機材と同じであった。

中部国際-新潟間を結ぶ全日空の便は一日3便。
そのうち1便はAirbus A320、ジェット機である。
残りの2便が話題のDHC8-Q400。
時間の都合で、往路はDHC8-Q400を、復路はAirbus A320を利用したのだった。
予約の際に
「不具合の多い機体だから、ちょっと不安だ」
と、助手の先生と話もしていた。

-400は、確かに不具合・故障が多い。
ニュースでは昨年1年間で60件ほどの不具合報告があったとか。
1週間に1件、という計算である。
「航空機が墜落する確率は、宝くじに当たるそれより低く、安全だ」
というのは、この機材には当てはまらないのかも知れない。

死傷者が1人もいなかったのは奇跡と言ってしまえばそれまでだが、
着陸時の映像を見る限り、パイロットのテクニックあってこその結果だったように思う。
名古屋空港やセントレアで着陸シーンをよく見ているが、今回の着陸は「お見事!」という一言に尽きる。
緊急時の対応としてこうした訓練もなされているとは思うが、実際に直面すると訓練と同じには出来ないもの。
それを見事にやり遂げ、大事故にしなかった機長に拍手を送りたい。

今年の学会は仙台。
新幹線でも行けるが、ANAを信頼して飛行機で行くとするかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 9日 (金)

ルイ17世との共通点

研究室で一人データ整理するのも飽きて、ふと自分の誕生日と同じ有名人を検索してみた。
って、突然思いつく自分ってどうなの…。

使ったのはWikipedia。
今や大学生の検索ツールの筆頭と言ってもいいのではないだろうか。
自分の誕生日は3月27日なので、検索欄にそのまま入力し、ポチッとな。
3月27日に起こった過去の出来事や誕生日の人々、記念日や、フィクションでの出来事まで出てきた。

1968年3月27日に、インドネシア大統領にスハルト氏が就任していたり、
1999年3月27日に、NHKの爆笑オンエアバトルの放送が開始されていたり、
と、こんな情報まで出てくる。

ちなみに、誕生日が同じな有名人は、
元首相の佐藤栄作、小説家の遠藤周作、漫才師の夢路いとし、DJの小林克也、B'zの松本孝弘、F1ドライバーのクルサード、芸人の青木さやかなどなど(敬称略)。
中には仏国王のルイ17世、レントゲン発明者のレントゲン、競走馬のオグリキャップ・ゼンノロブロイなどもあった。

だから何?といわれそうだが、暇つぶしとはそういうものです。
別に暇だったわけではないけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 8日 (木)

Office2007に戸惑う

研究室で自分が使うパソコンにOffice 2007を入れた。
今まで使っていた2000を削除し、インストールするのだが、長い…。
20分くらいは時間がかかったのではないだろうか?
dynabookを持ち込んでデータ整理をしていたので、PCが使えない時間は無かったが、それにしても長い。

まっ、インストールの時間が機能や操作性に影響するわけではないから別にいいのだが。
セットアップが完了し、いざWordやPowerPointを起動させてみると、
「わけが分からない!」
画面は青いし、ツールバーはゴチャゴチャしているし…。
なにより、ウィンドウの左上に表示されるOfficeマークが黄色く点滅するのがうざい。
(下の画像を参照。)
ついつい目に入ってしまって、気が散る…。
これから、設定やら操作方法を覚えていかなくてはならないのか。
自分のノートPCは2台とも2003を入れてあるので、いざとなったらそっちで作業するかな。

2007に使い慣れたら、
「2003なんて使いにくいじゃん!」
とか、言ってる自分がいるんだろうなぁ。

Img_1556


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 5日 (月)

加賀温泉旅行記もどき

加賀温泉(片山津温泉)に行って来ました。
岐阜でレンタカーを借りて、高速使って一気に加賀へ!
特に何を見ようかとか全く計画せず、とりあえず気になった橋を見る。
ちなみに、写真の一番上はその時のもの。
3つ橋があり、こおろぎ橋とあやとり橋と、あと1つが何橋だったかは忘れました…。
※写真はその名前を忘れた橋。


歩き回って疲れた足には、足湯。
無料の足湯に2つほど立ち寄り、疲れた足を癒す。
不思議と足だけしかお湯に浸かっていないのにスーっと疲れがとれていく感じ。
なぜだか腰の痛みも和らぎました(笑)


宿での晩御飯は、なんと「贅沢蟹三昧スペシャル」という名のご飯!
名前にふさわしく、蟹は一人に一杯出るし、焼き蟹あり、炊きごみご飯ありと、贅沢な内容。
満腹満腹、おいしく頂きました。
この贅沢な晩御飯と、朝食のバイキング付きで1人1泊7400円は、お値打ちでした。
※2枚目の写真は、宿の窓から見えた景色。天気はあまり良くない…。


ちなみに今回借りた車は写真一番下にあるトヨタのウィッシュ。
ETC・ナビ付で加速もスムーズ、とても快適な乗り心地でした。
自分で車買うときはウィッシュにしようかなぁ。
高速をつかったとはいえ燃費も 12km/l で悪くないし。

Img_1526

Img_1544

Dvc00003s

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 3日 (土)

腰の腰痛が痛い。

タイトルは変な日本語ですね、正確には、、、
腰が痛い…。

というのも3月1日は、実験棟の大掃除。
コンクリ・複合材料・破壊診断の3研究室合同でコンクリートの打設や試験を行う実験棟の整理や掃除を行った。

コンクリートは強アルカリ性。
よって、コンクリートの混じった水をそのまま排水するわけにはいかない。
そのために実験棟の裏には一時的に排水を貯めておく沈殿槽なるものがある。
で、沈殿させるからには、いつかは沈殿物を取り除かなければならない。
それが大掃除で行う最大行事である。
沈殿槽は150cm×150cmくらいの大きさ。
中には1年分の沈殿物がたんまりたまっており、それをスコップですくい、バケツにいれ、ドラム缶5つに詰め込みます。

自分はそのバケツを受け取りドラム缶に入れる作業をしていたが、その時に腰を痛めたらしい。
強アルカリ性なので、目に入ると失明の恐れがある。
なので、ドラム缶に入れる際には静かに静かに入れてあげないと、ぴちゃっとはねて危険なことに…。
そろ~りそろ~りと、でも次から次へとくるバケツをさばくために出来るだけ早く、
と思ってやっていたために、腰に相当の負担をかけていたようだ。

普段運動していないのもまずかったか…。
4、5日は石川の加賀温泉まで車を運転しなくてはいけないのに、こんな状態で大丈夫だろうか…。

とりあえず、のびのびサ○ンシップを貼って、しのぐとしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »