« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月30日 (水)

150万円超

28日、久しぶりにカメラを持って撮影に。
ほったらかしにしていたカメラやレンズには埃が…。
撮影にいけるような心境ではなかったから仕方ない。

この日はキヤノンが主催する撮影会。
人を撮るのは得意ではないが、勉強のために参加してみた。
キヤノンの機材を借りられることが一番の目的でもあったが(笑)。

来月には、もしかしたらFC岐阜の撮影に出かけることになるかもしれない。
そのためにもカメラの勘を少しでも取り戻さなくては。

ちなみに、この日に借りた機材はこちら。
写真は2人分の機材だが、本体・レンズで総額150万円を超える機材である。
持って帰りたかった(笑)。

Img_9725

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

最後を看取る

体内時間が狂っていて、最近の活動時間はお昼から深夜。
普通の人とは4時間くらいずれている…。

なので今日もお昼に大学に出勤。
いつもの通り、大学前の直線道路を走っていると、道路の真ん中に猫が。
しかもちょうど車のタイヤが通る位置に。
ひかれたのかな、なんて思いながら横を通ると、かすかに尻尾が動いた。
「まだ生きてる!」
5m程通り過ぎた路肩に車を止め、後続の車がいなくなったところで救出。
後ろ足をやられたのか、自力では立てない様子。

自分以外にも気に留めた方がいて、大学生1人と作業着姿のにーちゃん2人とで猫の様子を伺う。
・左目は瞬きや動かすこともできない状態。
・後ろ足の一部から出血。
・口の中も血がにじんでおり、口を動かすも鳴くことすらできない。
・お尻からは出血。
・気が狂ったかのようにその場で回転を始める。

見ていて恐く、そして悲しくなった。
幸いにも大学には動物病院もある、すぐそこだ。
しかし、素人の自分が見ても分かるくらい、彼の最期はすぐそこまで来ていた。
案の定、次第に動きが鈍くなり、目を閉じることも出来ずに彼は永遠の眠りについた。

たまたま居合わせた、互いに名前も知らない4人で最後を看取った。
「なにもしてやれなくてごめん。苦しかったよね…。」

近くの家庭教師の事務所で電話帳を借り、保健所に連絡。
死んでいるのであれば市役所にかけてくれ、ということで市役所に連絡。
場所と自分の名前を伝え、彼の亡骸を引き取ってもらうことにした。

最後まで看取った大学生の彼から、
「ありがとうございました。」
といわれたが、自分は何もしてない。
いや、何もしてやれなかった。
「君もバイクの運転、気をつけてね。」
と返すのがやっとだった。


ここまで書いて、実は結論なんてない。
まだ、自分でも消化しきれていないから…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

にゃんとも言わない。

猫の手も借りたい。
猫の額ほどの広さ。
猫に小判。
猫舌。
猫も杓子も。
猫ばば。
猫をかぶる。

猫に関することわざって、マイナスイメージが多い。
本人たちは気にしてなさそうだ。

Img_1698

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

春来る

このGW、季節はもう夏なのではないかという感じだが、
白川ではようやっと土筆が背を伸ばしている頃だった。

この数ヶ月、体調が悪い。
胃腸の調子があまりよろしくない…。
医者に見てもらうべきかな…。

Img_9690

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 2日 (水)

白川ゴー!!

就職活動が終わった次の日、家族と白川郷へ行ってきた。
本当は『荘川桜』を見に行く予定で出かけたのだが、
見事に桜は咲いていなかった…。
数輪の花が咲いている状態で、一分咲きとも言えない感じ。

ということで、予定を変更して白川郷まで足を運ぶことになった。
岐阜を朝5時過ぎに出たこともあって、白川郷に着いたのは8時。
パラパラと降った雨も上がり、スッキリとした空気に合掌造りが好く映える。

Img_9666

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »